読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎた矢のお話。

お湯のみました。今月はペースはやめ。

はー。なんか悶々とする日々・・・

時が流れるのは速く、よくその速さは矢の如くと称されます。いや〜もう定期演奏会ですか。新歓コンパとかがついこの間のような気がします。

そんな中僕は、もう過ぎ去った時間について、思いを巡らすことがあります。今まで生きてきた時間というのは自分にとって全てが正しい選択をとれてきたとは僕は思っていませんし、絶対そんなことはないとも思います。

同時に他の人も、過ぎ去った時間について不問にしたい人もいれば、思いを馳せて考え深いものとなる人もいるでしょう。

僕はなんとなくそんな人生の中で超速で飛んでいく【過ぎた、矢】を他人と語り合えていけばいいなと感じております。

自分は割と失敗ばかりの人生でありますが、それを人に話すことは嫌いではありません。なぜならばもう過ぎた、矢だから。

自分の好きな人の過ぎた矢ってなんか無性に気になりますよね。要はそれだけなんですけど。なんだこのブログ。

過ぎた、矢のお話でした。

↓【参考画像】

f:id:tomychemistry:20160910013842j:plain